虫歯の治療

良い虫歯治療を行うには虫歯の状態が見える環境下で治療することが第一前提です。当院では虫歯治療、根の治療、かぶせもの治療を行う時にルーペ(拡大鏡)を用います。

前歯の裏側や奥歯の治療は歯科用ミラー(小さい鏡)を使わないと治療部位が見えないことが多々あります。ミラーは小さいですし奥になると光が届かないため肉眼では大まかな視野しか得られません。高照度のライトとルーペがないと見える環境下での治療は難しくなります。また見る場所によっては見た目と動きが逆になる場合があり訓練が必要です。虫歯を取り残して詰めてしまうと詰め物の下で虫歯が進んでしまうことがあります。できる限り取り残さないようにして再治療せずに済むよう、サージテルの拡大鏡と治療技術を駆使して精密治療を行っております。