根の治療

根の治療には、細菌感染を起こしている 生きている神経を取る治療か、すでに神経を取って治療が終わっている根の先に病気ができた歯の再治療かによって治療法が変わります。根の治療は歯科治療の中でもトップレベルに難しい治療なのですが、再治療は更に難易度が上がります。日本の保険内での根の治療は外国に比べとても遅れています。それはずっと前からほとんど変わっていない日本の保険の根の治療費に原因があります。成功率が高い根の治療をするためには、マイクロスコープやその他の道具、材料、消耗品等大きな設備投資が必要ですので保険の費用では治療を行うことができないのです。根の病気で起こる腫れや痛み等の症状は保険治療でも止めれる可能性は高いです。しかし再発の確率は保険外治療より高くなる可能性があります。再発はすぐ起きることもあれば、かなり時間が経って起こることもあります。時間が経過して起きた時には歯自体が弱ってもろくなっていたり、もしくは細菌感染量が多く、その後の経過が悪くなり何度も再治療を繰り返すことになるかもしれません。その影響により場合によっては歯を残せないかもしれません。もちろん保険外の治療も100%ではありません。しかし少しでも治療の成功率と歯の寿命を延ばしたいというお気持ちが強ければ保険外の根の治療をお勧めします。当医院のマイクロスコープにはカメラが付いておりますので画像をお見せしながら治療経過を説明致します。