入れ歯治療

治療用義歯のための、コンプリートデンチャーコース終了。(自費治療の入れ歯です)

 

入れ歯の作成にあたり重要な過程はまず型取りです。型取りが上手くいかなければ、その後の入れ歯治療を成功させるのが非常に困難になります。歯ぐきの形や高さ、粘膜の厚みにはかなりの個人差があります。歯ぐきがやせてしまっていればいるほど入れ歯作成の難易度が上がります。保険外の入れ歯と比べると保険の入れ歯は作成法に制限がありますので快適な入れ歯作成はかなり難しくなってしまします。その中でできるの限り工夫をさせていただき作成をしておりますので、調整に時間がかかりますが最終的には使用できる状態になることがほとんどです。もし調整が少なめで快適で長期間使用できる可能性が高い入れ歯をご希望の方は、保険外の入れ歯(金属床)をお勧めしております。オーダーメイドの型枠を作成し、型取りの材料も入れ歯専用の材料を使用します。また、保険の入れ歯の難点である強度不足により使用中に割れたり、落とした時に割れたりする危険性が少なくなります。また強度が高いことによりねじれが少ないため使用時の歯ぐきの痛みや歯ぐきの吸収が少なくなります。治療用の仮の入れ歯を作成して使用していたきながら歯ぐきの型取りをする、パイロットデンチャー(治療用義歯)という手法もございます。これらにご興味がありましたら詳しくご説明させていただきます。ご相談ください。