院長紹介

ご挨拶

院長写真

 

院長の菅原です。虫歯や歯周病、根の病気においては無症状で悪化していくことが多く、重症化しないとなかなか症状が出ません。痛くなって来院された時には手遅れになってしまっていて、神経を取らなければいけなかったり、歯を抜かないといけない場合もあります。当医院は極力歯を削らず、極力抜かない考えで治療を行っております。ただし、必要な時は削らないと、もしくは必要な時には抜かなければ、後でもっと大きなダメージを負ってしまうこともあり、無理に歯を保存することが帰って悪い結果を生むこともあります。現在の歯科技術で、絶対に削らない、絶対に抜かないといった治療はできません。どうして削らないといけないのか、どうして抜かないといけないのか理由を説明させていただき、しっかり患者様の同意を得たうえで方針を決めております。手遅れにならないよう、症状がない方でも時々は歯科医院でチェックを受け、早期発見、早期治療をしましょう。


プロフィール

[名前]
菅原 敬道 (スガワラ タカノリ)
祖父、祖母、父が歯科医師であり、受け継がれてきた歯科医療に対する思いを大事にしながら治療しております。昔から変わらない歯科医療の基本に、発展し続けている新しい治療を加えて、できる限り最善の治療を提供できるよう研鑽を積んで参ります。
[出身大学]
日本歯科大学新潟歯学部
[所属学会]
日本歯周病学会

日本歯内療法学会

日本口腔インプラント学会